ザイロリックを通販で購入
ザイロリックは通販で手に入れよう   >  ザイロリックの効果・効能

ザイロリックの効果・効能

ザイロシックの効果

痛風の痛みの発症を予防する治療薬として有名な薬がザイロリックです。

基本、痛風や高尿酸血症の高血圧症を和らげる治療薬として使用されます。

通販を利用すれば、安価に購入することもできるザイロリックですが、その効果・効能を知らずに使用している方も多いのではないでしょうか。

今回、ザイロリックの効果効能について記載しました。

ザイロリックは、有効成分であるアロプリノール100mgが含まれております。

このアロプリノールの働きにより、体内で生産されている尿酸を抑えることで、尿酸の体内量を低下させる働きがあります。

尿酸は体内で、多くの経過(核酸→プリン体→ヒポキサチン→キサチン)を経ることにより生成されます。

このピポキサチンからキサチンに変わる過程で、大事な役割を担う酵素が存在します。

その酵素の名前がキサンチンオキシターゼです。

このキサンチンオキシダーゼは、ヒポキサチンを酸化しキサチンに変化させ、さらに尿酸まで酸化を促す酵素であります。

このアロプリノールを服用することで、そのキサンチンオキシターゼの働きを阻害することができ、それにより尿酸の生産がしにくくなります。

尿酸が生産しにくくなることにより、血中や尿中の尿酸値が低下します。

上記のことから、アロプリノールは別名キサンチンオキシターゼ阻害液とも呼ばれています。

人間の体内では一日に約700?の尿酸が生産され、汗や尿により同量の尿酸が排出さていますが、ザイロリックを服用することで、その生産量を下げ、尿酸値を基本値に戻す働きがあります。