ザイロリックは通販で手に入れよう   >  ザイロリックの使用上の注意

ザイロリックの使用上の注意

注意すべき点

痛風患者にとって、アロプリノールの主成分とするザイロリックは、痛風の痛みを事前に防ぐことができ、なくてはならない治療薬であります。

しかし、一方では副作用の関係から、アロプリノールを含んだ治療薬を服用した患者がなくなる場合も存在します。

実際に、アロプリノールの副作用が原因で、6年間に17名の死亡が確認されております。

アロプリノールの副作用だけが直接的な原因とは言えないものの、その副作用が関係している可能性のある劇症肝炎等の重症肝臓病により、17名が亡くなっていること事実であり、その内13名が腎臓機能障害である、慢性腎臓病をともなう患者であることが分かっております。

上記の死亡例の結果から、厚生労働省は「医薬品・医療用具等安全性情報」で、腎機能障害のある患者への注意を促しています。

使用に関してより注意をした方がよい方は下記になります。

・腎臓の悪い人、高齢の人など(腎臓で生成される尿などで成分が排出されるのだが、腎臓の機能が低下していると、薬の成分を十分に排泄することができないため)
・肝臓の悪い人(肝臓の働きは判明されているだけでも500種類以上あり、代謝や排出などの役割も行なっている為、負担が大きくなる)

このように、以前からアロプリノールを含むザイロリックは、肝機能障害を起こすことで知られていますが、それでもなお全世界で使用されている人気のある治療薬になります。

これは、容量用法をしっかり守り、定期的な検査を行うことで安全に使用することができている証明でもあります。

しかし、今回のアロプリノールの関係性の高い死亡例のように腎臓が悪い人が、使用する場合には危険性もともなうので、それでも服用する場合はより一層注意が必要になってきます。